Mission/Values/Vision

ストレスやトラウマ体験は、幼児から青少年に至る子どもたちやその家族の発達および心身の健康を脅かします。私たちチャイルド・ライフ・スペシャリストはそうした負の影響の軽減に努めます。また心を安定させる「遊び」の価値を重視しながら、評価や介入、予防、代弁、教育等の働きかけを通して子どもたちの健やかな成長と発達を促します。
  私たちはチャイルド・ライフ・スペシャリストとして以下のことを大切にします。
私たちは、子どもや家族が持つ強さやニーズが実に様々であること、また彼らがそれぞれのやり方で支え合い、地域社会と結びついていることを理解します。私たちは、「子ども・家族中心医療」の理念に基づいて、子ども一人ひとりとその家族の心身の成長を促し、力になってゆきたいと考えています。
遊びは子どもと切りはなせないものであり、それ自体に大きな価値があります。遊びを通じて、子どもたちは心を安定させ、問題に立ち向かい、力を養い、自己を表現し、創造し、目的を達成し、学びます。遊びは子どもたちの健やかな成長と発達に重要な役割を果たします。またあらゆる年齢の子どもを対象とした私たちの活動にとっても不可欠なものなのです。
私たちは、子どもたちやその家族との間に信頼と尊敬と高い専門性に裏づけられた関係を築きます。そうした関係は、子どもたちや家族の中に自信と回復力と問題解決能力を育み、発達や心身の健康を阻む問題を克服する力を養います。
子どもたちは言葉や遊びや行動を通じて、自分たちの意志を伝えます。私たちはどのような形のコミュニケーションにも対応できるよう努めます。そして自分の言いたいことをうまく伝えられない子どもたちや、意志の伝達に手助けの必要な子どもたちの様子を観察し、その声に耳を傾け、コミュニケーションをはかります。子どもの日々の様子を把握し、介入し、その結果を評価して文書化することも私たちの重要な仕事です。
私たちは子どもの発達、遊び、ストレスとその対処法、家族のあり方に関するさまざまな科学的理論を理解し、実践して、活動の基盤としています。
 
子どもたちとその家族が抱えるさまざまなニーズに確実に応えるためには、個人、有識者、組織、コミュニティーが連携して取り組みを進めることが必要です。私たちは、専門家間の協働を進めるとともに、経験の浅いチャイルド・ライフ・スペシャリストの教育や指導にも力を入れています。
 
高い専門性と信頼性を維持するために、私たちは生涯を通じて学び、倫理規定を順守するとともに、確かな臨床実績を基に教育・訓練プログラムを開発してその実践に努めます。
研究は、チャイルド・ライフ・スペシャリストとしての活動や介入の方向性を定め、その専門性を高めてさらに発展させるための重要な手段です。最新の研究成果を常に把握するとともに、私たちの活動を対象とした研究に参加することも私たちの責任です。

私たちチャイルド・ライフ・スペシャリストはこれからも、ストレスやトラウマのただ中にある子どもたちやその家族の力になりたいと考えています。私たちの理念と活動は、医療現場はもとより、子どもたちの気力を損なったり、学びや向上の機会を奪ったりするような場でも力を発揮します。私たちは心身の総合的な健康を視野に入れたアプローチを用いて子どもや家族に向き合います。また子どもの発達や家族のあり方に関する高度な理論を実践します。そして困難な状況から生まれる負の影響を最小限に抑えるとともに、子どもたち一人ひとりの成長と発達を見守り、健全な家族関係の維持に努めてゆきます。

「Official Documents of Child Life Council」より、

株式会社コングレ翻訳部・チャイルド・ライフ・スペシャリスト協会 訳