学会講演のお知らせ

以下の学会のワークショップで講演を予定しています。ご興味のある方はぜひご参加下さい。

第35回日本小児救急医学会学術集会

日時:7月31日(日)13:40~14:40(第2会場)

ワークショップ2

「コロナに翻弄される子どもと家族への新たな取り組み」

座長:東邦大学医療センター大森病院 CLS 原田 香奈、済生会横浜市東部病院看護部 渡邊 輝子 

WS2-1 「コロナ禍における救急領域での小児患者と家族の関わり」工藤 享佳 大阪大学医学部附属病院
WS2-2「 コロナ禍における小児病棟の実際と取り組み ~子どもと家族の日常を守るために~」西嶋 真綸 東邦大学医療センター     大森病院 看護部
WS2-3 「コロナ禍における小児救急医的アプローチ ~教育委員会との連携~」種市 尋宙 富山大学 小児科
WS2-4 「新たな時代の子育て支援」加藤 雅江 杏林大学 保健学部健康福祉学科

日程表・プログラム – 第35回日本小児救急医学会学術集会 (convention.co.jp)



学会講演のお知らせ

以下の学会で、シンポジウムやランチョンセミナーでの講演を行います。

興味のある方は、ぜひご参加下さい。

 

1)日本ペインクリニック学会第56回学術集会

日時:7月9日(土)8:30~10:00

場所:東京国際フォーラム、(現地開催・LIVE配信、オンデマンド配信あり)

シンポジウム11 「医療行為に伴う痛みから子どもを守る多職種の新たな取り組み」

発表「医療処置を受ける子どもの痛みの緩和の重要性」 東邦大学医療センター大森病院 CLS 原田 香奈

2)日本小児看護学会第32回学術集会

日時:7月9日(土)14:40~16:10、場所:福岡国際会議場
 
シンポジウム
『看護師さん、ねえ、見て、聞いて~日々の実践で子どもの権利を守るということ~』
 
発表:『こどもの「待って。」から考える権利擁護』 済生会横浜市東部病院 CLS  井上 絵未
 

3)日本小児看護学会第32回学術集会

日時:7月10日(日)12:00~13:00、場所:福岡国際会議場

ランチョンセミナー1

みんなでつくる子どもに優しい医療処置環境 ~疼痛緩和の意義と実践~

発表:「子どもの痛みを少しでも減らす工夫と医療現場でできること ~針穿刺時の疼痛緩和とその実践~」 

東邦大学医療センター大森病院 CLS 原田 香奈

 

 



学会発表のご報告

2021年ACLP annual conference(May 24-May28)でポスター発表をしました。

タイトル:How to Implement a Formal Assessment Tool, the PRAP, in a Japanese Pediatric Hospital

発表者:大阪母子医療センター 長野友希



CLS学会発表のお知らせ

  • 11月16日(土)~17日(日)に米子市で開催される「日本小児麻酔学会第25回大会」にて、CLSが演題発表させていただきます。
  • 第1日目 11月16日(土) スポンサードセミナー1
  • 「子ども目線の医療の世界」 演者:作田 和代
  • http://www.convention-w.jp/jspa2019/index.html


講演のお知らせ

  • 11月14日(木)〜16日(土)に、第61回日本小児血液・がん学会学術集会、第17回日本小児がん看護学会学術集会が広島で開催されます。CLSによる看護教育講演とランチョンセミナー講演、演題発表を行います。ぜひご参加ください。
  • (1)看護教育講演 11月15日(金)10:00~10:50
  • 「小児がんの子どもとともに前を向いて~成長する子どもの日常を支える~
  • 演者:広島大学病院小児科 CLS 藤原 彩
  •  
  • (2)ランチョンセミナー11 11月16日(土)12:00〜12:50
  • 「子どもの針穿刺の痛みや恐怖と不安を乗り越えるための第一歩」
  • 演者:東邦大学医療センター大森病院 CLS 原田 香奈