学会発表

第60回日本小児外科学会学術集会で8名のCLSが演題発表を行いました。

手術を受ける患児・患児家族に対するチャイルドライフスペシャリストの介入

2023年6月2日(金) 
 
座長 馬戸 史子 大阪大学医学部附属病院 小児医療センター
座長 井上 絵未 済生会横浜市東部病院

Child Life Interventions in a Facility Dog Program: Discovering Hope and Resiliency while Alleviating Perioperative Stress and Post-Surgical Anxiety in Pediatric Care

演者 Elizabeth Olsen Children’s Hospital of Philadelphia, USA

手術を受ける患児に対するCLS介入:心理社会的ケアにおける倫理的課題への取り組み

演者 馬戸 史子 大阪大学医学部附属病院 小児医療センター

手術に関わるきょうだい児のニーズと支援

演者 佐々木 美和 名古屋大学医学部附属病院 小児がん治療センター

チャイルドライフスペシャリストの小児外科手術・処置への介入

演者 岡本 健太郎 東京医科歯科大学病院 小児外科

国際性豊かな当院におけるCLSの役割-PPIおよび手術室ツアーの有用性を含めて-

演者 三浦 絵莉子 聖路加国際病院 こども医療支援室

膵芽腫にて膵全摘術を受けた患児に対するチャイルドライフスペシャリスト介入の1例

演者 萩原 沙織 名古屋大学医学部附属病院 小児がん治療センター

幼児の尿道下裂手術後のCLS介入について

演者 黒崎 あかね 島根大学医学部附属病院 小児科

手術を受ける思春期の子どもへのこころの支援

演者 大橋 恵 千葉県こども病院 こども・家族支援センター

生体肝移植を受ける幼児期患児の心理社会的ニーズとCLSの支援

演者 上山 美津穂 京都大学医学部附属病院 看護部

 



学会講演のお知らせ

以下の学会のセミナーで講演を行います。興味のある方はぜひご参加下さい。

第31回日本外来小児科学会年次集会

8月27日(土)9:00~11:30 講演会場2

セミナー1

「やってみたくなる!出来る気がする!プレパレーション」

演者4)「痛み緩和の普及はクリニックから ~クリニックが好きでいられるように~」

東邦大学医療センター大森病院 CLS 原田 香奈

 

第31回日本外来小児科学会年次集会 【2022年8月27日(土)~8月28日(日) 福岡国際会議場/福岡サンパレスホテル 】 (convention.co.jp)

プログラム | 第31回日本外来小児科学会年次集会 【2022年8月27日(土)~8月28日(日) 福岡国際会議場/福岡サンパレスホテル 】 (convention.co.jp)



学会講演のお知らせ

以下の学会のワークショップで講演を予定しています。ご興味のある方はぜひご参加下さい。

第35回日本小児救急医学会学術集会

日時:7月31日(日)13:40~14:40(第2会場)

ワークショップ2

「コロナに翻弄される子どもと家族への新たな取り組み」

座長:東邦大学医療センター大森病院 CLS 原田 香奈、済生会横浜市東部病院看護部 渡邊 輝子 

WS2-1 「コロナ禍における救急領域での小児患者と家族の関わり」工藤 享佳 大阪大学医学部附属病院
WS2-2「 コロナ禍における小児病棟の実際と取り組み ~子どもと家族の日常を守るために~」西嶋 真綸 東邦大学医療センター     大森病院 看護部
WS2-3 「コロナ禍における小児救急医的アプローチ ~教育委員会との連携~」種市 尋宙 富山大学 小児科
WS2-4 「新たな時代の子育て支援」加藤 雅江 杏林大学 保健学部健康福祉学科

日程表・プログラム – 第35回日本小児救急医学会学術集会 (convention.co.jp)



学会講演のお知らせ

以下の学会で、シンポジウムやランチョンセミナーでの講演を行います。

興味のある方は、ぜひご参加下さい。

 

1)日本ペインクリニック学会第56回学術集会

日時:7月9日(土)8:30~10:00

場所:東京国際フォーラム、(現地開催・LIVE配信、オンデマンド配信あり)

シンポジウム11 「医療行為に伴う痛みから子どもを守る多職種の新たな取り組み」

発表「医療処置を受ける子どもの痛みの緩和の重要性」 東邦大学医療センター大森病院 CLS 原田 香奈

2)日本小児看護学会第32回学術集会

日時:7月9日(土)14:40~16:10、場所:福岡国際会議場
 
シンポジウム
『看護師さん、ねえ、見て、聞いて~日々の実践で子どもの権利を守るということ~』
 
発表:『こどもの「待って。」から考える権利擁護』 済生会横浜市東部病院 CLS  井上 絵未
 

3)日本小児看護学会第32回学術集会

日時:7月10日(日)12:00~13:00、場所:福岡国際会議場

ランチョンセミナー1

みんなでつくる子どもに優しい医療処置環境 ~疼痛緩和の意義と実践~

発表:「子どもの痛みを少しでも減らす工夫と医療現場でできること ~針穿刺時の疼痛緩和とその実践~」 

東邦大学医療センター大森病院 CLS 原田 香奈

 

 



学会発表のご報告

2021年ACLP annual conference(May 24-May28)でポスター発表をしました。

タイトル:How to Implement a Formal Assessment Tool, the PRAP, in a Japanese Pediatric Hospital

発表者:大阪母子医療センター 長野友希